Subsidy
人材開発支援助成金について

厚生労働省「人材開発支援助成金」を活用しよう!

正規雇用されている労働者が対象です。
被雇用保険者が対象のため、事業主自身・会社役員は対象外となります。

一般訓練コース Off-JT

賃金助成1人1時間当たり 380円
※生産性要件を満たす場合 480円

経費助成30%
※生産性要件を満たす場合 45%

支給対象となる経費は、事業外訓練(事業主以外の者が企画し主催するもの)と、受講に関わる入学料・受講料・教科書代等、あらかじめ受講案内等で定めているものが対象です。

特定訓練コース Off-JT

賃金助成1人1時間当たり760円(380円)
※生産性要件を満たす場合 960円(480円)

経費助成45%(30%)
※生産性要件を満たす場合 60%(45%)

中小企業以外の助成額・助成率は( )内のものになります。

支給対象となる経費は、事業外訓練(事業主以外の者が企画し主催するもの)と、受講に関わる入学料・受講料・教科書代等、あらかじめ受講案内等で定めているものが対象です。

特定訓練コース
若年人材育成訓練

訓練開始日において、雇用契約締結後5年を経過していない労働者であって、
かつ35歳未満の若年労働者に対する訓練を実施した場合に助成が受けられる訓練メニューです。

訓練対象者 申請事業主または申請事業主団体等の構成事業主において
雇用契約締結後5年を経過していない労働者であって、
かつ35歳未満の雇用保険の被保険者
基本要件 Off-JTにより実施される訓練であること
(事業主自ら企画・実施する訓練、または教育訓練機関が実施する訓練)
実訓練時間が10時間以上であること
実施訓練例 基幹人材として必要な知識・技能を順次習得させる訓練
1年目:プレス加工基礎研修
2年目:金型図面の見方研修
3年目:溶接技能研修

一般訓練コース

特定訓練コース以外の訓練を事業主もしくは事業主団体等が実施する場合に助成。

訓練対象者 申請事業主または申請事業主団体等の構成事業主等において雇用保険の被保険者
基本要件 Off-JTにより実施される訓練であること
(事業主または事業主団体等自ら企画・実施する訓練、または教育訓練機関が実施する訓練)
実訓練時間が20時間以上であること
セルフ・キャリアドック(定期的なキャリアコンサルティング)の対象時期を明記して規定すること
(ジョブ・カードを活用することを推奨)(事業主に限る)
※活用することは要件ではありません。
一般訓練コースにおけるセルフ・キャリアドックの要件
・労働協約、就業規則又は事業内職業能力開発計画のいずれかに、セルフ・キャリアドックの実施
(定期的なキャリアコンサルティングの機会の確保)について対象時期を明記して定めていることが必要です。
・キャリアコンサルティングを実施する者は国家資格を有しているキャリアコンサルタントに限りません。
・キャリアコンサルティングについての経費は事業主が全額を負担する必要があります。
就業規則の規定例
(セルフ・キャリアドック制度)
1. 会社は、労働者に対してキャリアコンサルティングを入社から3年ごとに行う。
2. キャリアコンサルティングを受けるために必要な経費は、会社が全額負担する。

詳しくは下記でご覧ください

人材開発支援助成金 厚生労働省検索

または

  • 愛知労働局 (あいち雇用助成室)052(688)5758
  • 岐阜労働局 (助成金センター)058(263)5650
  • 三重労働局 (職業対策課)059(226)2111

受講内容についてのお問い合わせはこちら